宮城の方言 その14「いぎなり」

宮城の方言で【いぎなり】って言葉があります。
意味は『とても』や、『急に』です。
使い方は、【いぎなりがおった】や、【車がいぎなりくんだおんやぁ】などなど。
『とてもつかれた』『車が急に来るんだもんなぁ』って意味です^_^
『いぎなり』は標準語の『いきなり』と同一の意味で使う場合もあるのですが、
仙台では、ほかの意味も含まれます♪

宮城の方言 その13「おだづ」

宮城の方言で【おだづ】って言葉があります。
意味は『ふざける』です。
使い方は、【おだづなよ】や、【おだってばっかいでぇ】などなど。
『ふざけるなよ!』『いつもふざけてばかり!』って意味です♪
緊迫した場面でよく使われます(笑)
同じ意味で【おだぢすな】(ふざけるな)と使う場合もあります。

宮城の方言 その12「ける、けっから」

宮城の方言で【ける】【けっから】って言葉があります。
意味は両方とも『あげる』です。
使い方は【これけるが?】や、【坊っちゃん石鹸けっから】などなど。
前者は疑問形になることがおおいですね。
『これあげますか?』『坊っちゃん石鹸あげますから』って意味ですね。
似たもので、【けえ】、【けぇる】って方言がありますが、
意味は異なり、 『食べなさい』、『帰る』って意味です( ´͈ ᗨ `͈ )◞

宮城の方言 その11「けさいん、けらいん」

宮城の方言で【けさいん】【けらいん】って言葉があります。
意味は両方とも『下さい』です。
使い方は【家に来てけさいん】 後者の【坊っちゃん石鹸あったらけらいん】などなど。
『家に来て下さい』『坊っちゃん石鹸あったら下さい』って意味ですね。
【電気付けでけさいん】は、『電気を付けて消す』では無く、『電気を付けて下さい』って意味です(๑>◡<๑)

宮城の方言 その10「あぺとぺ」

宮城の方言で【あぺとぺ】って言葉があります。
意味は『でたらめ』で、あっぺとっぺって言ったりもします。
使い方は【こいづあぺとぺなごどばりかだってだ】
『この人はでたらめなことばかり言ってるなぁ』って意味です(*^^*)
言われないように気を付けています(笑)

1  2  3

ページの先頭へ戻る

オンラインショッピングはこちら

純粋無添加 坊っちゃん石鹸 宮城の伝統的製法で造った安心・安全な高品質の固形石鹸です